群感島~この島で、男は女のエモノ(1巻)感想ネタバレ!女が男を狩る島!?でも、こんな誘惑されたら、男なら抗えないかもしれない・・・

群感島~この島で、男は女のエモノ 1巻 感想

群感島~この島で、男は女のエモノ 1巻 感想

『●●島』って作品は、意外と面白いものが多いので迷わず読んでしまったのが『群感島~この島で、男は女のエモノ(原作:遥巴絵、作画:野村エージ)』です。
沖縄の離島に旅行しているとき、フェリーが沈没してとある島に遭難してしまった乗客や乗組員たちのサバイバルホラーといった作品です。

この島って、なんか女が男を狩る島らしいのですが、狩るといっても誘惑して襲うといったほうが正しいかもしれません。
下っ端の船員が島の探索に出かけると、水着姿の可愛い女の子と遭遇します。
すでに誘惑モードで一緒にいてほしいなんてことで、仕事をほったらかして女の子と一緒に過ごすことにしたらしい。

でも、この女の子といきなりエッチなことしちゃっていると思ったら、いきなり男の舌を噛み千切って、しかもその舌を食べちゃうわけ!
もう、明らかに異常だよね!
まさにバイオレンス!

それだけじゃなく、今度は男の目ん玉をつかみ取って、それも食べちゃった!
この女の正体は『何?』って感じだけど!

でも、好意を寄せている女の子と旅行なんて羨ましいよね!
カップルで申し込むと料金が50%オフだからね!
ちょっと、この先の展開が気になる漫画です!

無料の試し読みあり!
『群感島~この島で、男は女のエモノ』で検索!
無料漫画が豊富!【まんが王国】